きゅうまがじん

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すぐ焦って失敗する人は、やることが明確じゃない。

きゅうま物申す 大学生活

f:id:kyuma-morita:20170113225011j:plain

最近、こんな相談をされました。

「すぐ焦って失敗してしまうのを直したい」とのこと。

アルバイト中によくミスをするそうで、

上司から「お前はとにかく焦らなければいいんだよ」といわれ、どうすれば焦らないのかを聞いてきました。

 

当たり前のことですがミスは誰でもするし、ミスをして焦ってしまうのも普通のことです。でもやっぱりミスは減らしたいですよね。

そういう人は、とにかく事前にやることを明確にしてみるといいと思います。

 

やることだけ明確にしてみる

ぼくは逆に「落ち着いてるね」と言われることが多くて、普段からあまり焦らないタイプの人間です。(それが悪く働くことも多々あります)

そんなぼくが意識しているのは、とにかくやることを明確にしてしまうこと。

まず、焦るのはどんな時か?

と考えたら、普段と違うイレギュラーな状況のときだと思います。

接客のアルバイトに置き換えるなら、急にお客さんが増えた、不良品があった、作業ミスなどなど。

そんな時に「とにかくこれさえすればいい」という最低限必要なことが分かっていれば、あせりにくいですよね?

そこで混乱すると焦って失敗するので、
そうやって「なにをすればいいか分からない」という状態にならなくすればいいんです。

自分が何をすればいいのかシンプルに整理ができていれば、ちょっとくらい普段と違っても焦りにくくなるはずです。

ちょっと話はそれますが、

常に、なんだか忙しそうな人って周りにいませんか?必要以上に。

いろいろと背景はあると思いますが、そういう人は優先順位をつけれていないんだと思うんです。

だから必要ないところに時間をかけてしまって、ますます整理がつかなくなる。時間配分もめちゃくちゃ。

やることの整理の仕方はいくらでもあって、まずは一日のスケジュールでtodoリストを作ってみるでもいいでしょう。堅苦しくならなくても「これだけはやろう」ということを決めてみてください。

 

それでも失敗したら

なるべく焦らないようにしても、失敗することはあります。
誰にでも失敗はするもんなので。

そういう時は、自分を客観的に見てみるといいと思います。

失敗してしまった以上は現実を受け止めるしかないので、
失敗した後どうすればプラスの方向に働くか考えればいいんです。

 

失敗して、その後どうするか

例えば、飲食店のアルバイトで食器を割ってしまったとします。そんな状況で、あなたはどんな感情になりますか?

極端な言い方をすれば、あなたがどれほど悲しい気持ちになろうが落ち込もうが、周りの人からすればどうでもいいんです。

「あーわたし失敗した失敗失敗…」という感じでどんどん周りが見えなくなるのは最悪。

失敗した以上は仕方がない。じゃあ、自分はどうすればいいだろう?

そう考えて、失敗したくらいで落ち込まずに顏を上げて、しっかりと反省点だけはあげてしまえばいいんです。

自分を客観的に見て、こういう時こそ元気を出そうとか、初心に帰ってみようと考えればいいと思います。

準備としてやることを明確にして、それでも失敗しちゃったときは焦らず自分を客観的に見てみる。

そう心掛けてみればいいんじゃないでしょうか。