きゅうまがじん

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンフエアポーターの感想とバスの利用方法[カルガリー空港→バンフ・キャンモア]

カナダワーホリ中のきゅうまです。

今回はカルガリー空港から出ている便利なバスである、バンフエアポーターの利用レビューをします

僕はシアトルを経由して、アラスカ航空の小型機でカルガリー入りしました。

f:id:kyuma-morita:20170424025442p:plain

カルガリー空港はすごくおしゃれです!

空港内のイスがいちいちカラフルだったり、預け荷物の受け取りカウンターにカバがいたり。思わず写真撮りましたw

 

バンフエアポーターの料金と運行時刻

f:id:kyuma-morita:20170424122522p:plain

時間や料金はバンフエアポーターの公式サイトから調べることができます。

所要時間は空港からキャンモアまでが1時間20分、バンフまで行くと2時間かかります。

f:id:kyuma-morita:20170424122610p:plain

値段はキャンモアまでが片道61ドル。バンフまでが62にドルです。カナダドルが1ドル85円として、日本円で5000円ちょっとになるのでやや値段が高く感じるかもしれません。

 

バンフエアポーター(Banff Airporter)でカルガリー空港からキャンモアへ  

f:id:kyuma-morita:20170424025523p:plain

カルガリー空港はわりと大きくて、A,B,Cの3つのエリアがあります。

バンフエアポーターのカウンターがあるのはBエリア。近くにあるスターバックスコーヒーが目印になると思います。

インフォメーションがいくつかあるので、場所が分からなければ尋ねることもできます。

f:id:kyuma-morita:20170424025549p:plain

ここがバンフエアポーターのカウンター。黄色いロゴマークが目印になります。  

f:id:kyuma-morita:20170424025621p:plain

カウンターで荷物を無料で預けられるので、大きな荷物はあずけましょう。

僕は1時間近く余裕があったので、隣にあるスターバックスのコーヒーを買ってゆっくりしていました。

f:id:kyuma-morita:20170424025626p:plain

時間になると運転手が呼びに来て、バスまで案内してくれます。 

f:id:kyuma-morita:20170424025645p:plain

こちらがバンフエアポーターのバス。かなり小型です。 

f:id:kyuma-morita:20170424025734p:plain

バスの車内。一人席と二人席がいくつかあり、助手席を合わせて10人まで乗客が乗れます。 

今回は6人の乗客がいましたが、運転手も含めてみんなでわいわい話しながらの楽しい移動でした。オーストラリア人が何度もジェリービーンズ配ってくれたりとか。美味しかった。

f:id:kyuma-morita:20170424025752p:plain

イスはけっこう広々としていて、座り心地も良いです。

f:id:kyuma-morita:20170424025758p:plain

足元には電源があり、 

f:id:kyuma-morita:20170424025856p:plain

乗車時に水ももらえます。 

f:id:kyuma-morita:20170424025916p:plain

荷物を預けられて、少人数で運転手もフレンドリー。電源ありで水ももらえる。なかなかサービスがよいです!

カルガリー空港からキャンモアまでの所要時間は1時間20分。街の中心部にある「キャンモアホテル」まで送迎してくれます。

  

 バンフエアポーターは予約した方が安心

f:id:kyuma-morita:20170424123421p:plain

公式サイトの画面右上にある「BOOK NOW」ボタンから予約可能。

バスは1時間から2時間に1本しかでていないので、運悪く人数が多ければ次の便まで待つことになりかねません。バンフやキャンモアは人気な観光地ですし、あらかじめ予約することをおすすめします。

予約は簡単で、オプションをつければ時間の変更やキャンセルもできます。

  

他のバス会社と比較

f:id:kyuma-morita:20170425101859p:plain

調べたところ、バス移動ではこの3つから選ぶことになると思います。(2017年4月作成)

バンフエアポーター」は、値段からすると中間にあたるバス。1日10回運行しており、サービスもそこそこ良い。

ブリュースター」は、バスだけでなくホテルなども経営している観光会社。バンフエアポーターより少し値段が上がりますが、車内にWIFIがあるのは魅力的です。

一つだけ格安の選択肢は、乗り継ぎで行く方法。「ALLIED AIRPORT SHUTTLE」で空港からカルガリーの中心部まで移動し、市内で「Grey hound」に乗り換えます。カルガリー市内に寄りたい場合や、どうしても値段を抑えたいならおすすめ。僕は初めての土地で時間も夜だったので、負担の少ない直通便を選びました。

f:id:kyuma-morita:20170423142046j:plain

こちらがキャンモアのダウンタウン。小さな町ですが、お店はいろいろとあるので便利です。

今回紹介したバスはカルガリーへ向かう逆区間も走っているので、観光などで移動する際にお役立てください。それでは良い旅を!