きゅうまがじん

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【通勤に!】ビジネスにおすすめなノースフェイスのリュック厳選5選

ノースフェイスマニアの森田久真です。

今回はノースフェイスのリュックの中からビジネス向けのモデルを厳選しています。

どれもビジネスライクのシンプルなデザインで、
PCの収納はもちろん、機能面まで充実したものばかりです。

ビジネスシーンの定番といえば手提げのカバンを思い浮かべますよね。

でも・・・

  • 重い荷物を手提げカバンで持ち運びたくない
  • 自転車通勤に向いているリュックが欲しい
  • とにかく動きやすくしたい

という悩みがある方も多いはず。

最近はいい流れで、ビジネスシーンでもリュックを使う人が増えてきましたね。

リュックは毎日使うだけに、しっかり選びたいアイテム。ノースフェイスからそれぞれのモデルの特徴をまとめているので、ぜひリュック選びにお役立てください。

 

ビジネス向けリュックの選び方

そもそも「ビジネスに向いているリュック」とは?

選び方として、以下の5点はまず重要なポイントになってきます。

  1. ビジネスライクでシンプルなデザイン
  2. PC収納スペース
  3. 整理、収納のしやすさ
  4. 背負いやすさ
  5. 軽さ 

アウトドアブランドがビジネス向けのリュックで人気な理由は、トレッキング向けのバックパックで培った技術による圧倒的な使い心地。

人気のビジネス向けカバンより比較的安く、荷物の重さを感じさせないほど高機能な設計を備えており、コストパフォーマンスも申し分ないアイテムです。

 

ビジネスにおすすめなノースフェイスのリュック5選

アウトドアブランドの中でも、ビジネス向けにより力を入れているのがノースフェイス。

もう、どのモデルもこだわりがすごいですよ。

僕もノースフェイスのリュックを愛用していますが、忙しい毎日に欠かせないアイテムになること間違いなしなので、ぜひお気に入りのモデルを見つけてください。

 

1.シャトルデイパック|デザイン、使い心地、安全性の3拍子

f:id:kyuma-morita:20170306220043p:plain

高強度で高級感のある1050デニールのコーデュラ(R)ナイロンを採用し、ビジネスシーンでも違和感なく使用できるデザインに仕上げています。

服に合わせやすい薄手かつ背負い心地のよい立体的な成型ショルダーハーネスや、持った時の安定感が高い2本のグラブハンドルを装備。

【ビジネス向けポイント】

まず魅力的なのが、このモデルはPC収納スペースが完全に分かれていること。チャックを開けて取り出すだけなので、PCを出すために荷物をかき分けて・・・という仕草をしなくてすみます。しかも、PCに加えてタブレットまで収納できてしまう便利さ。スタイリッシュなデザインのうえ、前面にパットを入れて型崩れも防いでいます。 

【まとめ】

  • amazon価格:¥6.340~13.000
  • サイズ:46×29×14
  • 容量:25L
  • 重さ:990g
  • カラー:8種類
  • 特徴:シャープなデザインはビジネスシーンにも問題なし。PCなどの電子機器や書類が収納しやすいのも嬉しい

 

2.ヒューズボックス|強度抜群!容量と整理のしやすさも魅力

f:id:kyuma-morita:20170306195916p:plain

摩擦強度と耐水性に優れるTPEファブリックラミネートのポリエステル地を使用したパックです。ボックス型の形状で、大きく開く開口部。

15インチまで収納できるパッド付きスリーブなど、荷物を整理しやすく、内部には取り外しが可能なオーガナイザーを備えています。

【ビジネス向けポイント】

丈夫なうえ、防水性も抜群。内部に多数のポケットが備えられているため、たくさんのモノを整理できるのも嬉しい。荷物が少ない時には、サイドのストラップでボリュームを調整することだってできます。

【まとめ】

  • amazon価格:¥11.000~16.000
  • サイズ:46cm×33cm×15cm
  • 容量:30L
  • 重さ:1.085g
  • カラー:19種類
  • 特徴:摩擦強度と耐水性能が強み。ボックス形状で整理がしやすい。大きなロゴマークがおしゃれ

関連モデルの『プロフーズボックス』も同じくおすすめ。デザインもよりシンプルになっています。

 

3.ヘックスパック|防水+おしゃれ 自転車通勤に最適

f:id:kyuma-morita:20170323214614p:plain

 メッセンジャー型のバッグパックです。フィット感抜群のデザインとスムーズな荷物の取り出しを叶えるフラップアクセス機能を採用し、自転車やマウンテンバイクの使用時に大活躍してくれます。

自立型ボトム構造を採用し、PCやタブレット、カメラなどの精密機器も安心して取り出せます。

【ビジネス向けポイント】

自転車走行時に求められるフィット感や、荷物の取り出しやすさを実現したモデル。ビジネスライクでスマートな形状なうえ、防水性能も抜群です。 

【まとめ】

  • amazon価格:¥11.00~17.000
  • サイズ:48×33×14.5
  • 容量:20L
  • 重さ:1250g
  • 特徴:個性的でおしゃれなデザイン。防水なので雨の日でも安心!容量は20Lですが、使ってみると意外とたくさん入るようです

 

4.フレームドデイパック|軽さならこれ!安定感もOK

f:id:kyuma-morita:20170306221527p:plain

形状を維持するフレームで骨格を形成しながら、軽量な70デニールリップストップナイロンで仕上げたアスレチックジム用デイパックです。ボトムにはパッドを入れた210デニールのリップストップナイロンで補強し、安定感が向上。

基本的にメインポケットの1気室のみ、というシンプルな構造。それに加えて、フロントにファスナー付きメッシュポケットが配置されています。

【ビジネス向けポイント】

「軽さ」を求めたいならこれが一番。機能・デザインともにシンプルなモデルです。形状を維持するフレームなので、型崩れもご心配なく。 

【まとめ】

  • amazon価格:¥10.000~12.000
  • サイズ:45×30×15
  • 容量:29L
  • 重さ:475g
  • 特徴:475gの超計量モデルにして、パッキング時に型崩れしにくい構造。底部はパットで補強しているので安定感も抜群!

 

5.ホットショット|大きさ・機能ともにバランスタイプ 

f:id:kyuma-morita:20170306201912p:plain

背骨のラインに合わせてクリアランスを持つスパインチャンネル構造で背骨への負担を軽減しつつ、高い通気性を確保。

15インチまでのノート型PCとタブレットスリーブをを内蔵し、収納式のウエストベルトを採用。摩耗しやすいボトム部分には、1680デニールのバックセイバー素材を使用しています。

【ビジネス向けポイント】

背負いやすさが抜群。正直デザインからいえば「トレッキング~カジュアル」がメインになりますが、背面やショルダーベルトなどの機能性にこだわりたい方には一押しモデルです。

【まとめ】

  • amazon価格:¥13.000~16.000
  • サイズ:51×33×20
  • 容量:26L
  • 重さ:550g
  • カラー:13種類
  • 特徴:優れたクッション性能で肩や背中も楽々。機能性抜群。素材が丈夫で長く使えるのも嬉しい

 

 結局ビジネスでおすすめなノースフェイスは?

ビジネスリュックとして人気なノースフェイスのリュックを紹介してきましたが、お気に入りのモデルは見つかりましたか?

最後に、僕がとくにおすすめなモデルを1つに絞ってみました。

もし選びきれていないのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

1.シャトルデイパック|デザイン、使い心地、安全性の3拍子

シンプルで高級感のあるデザインから、ビジネス向けならシャトルデイパックははずせませんね。

メインポケットと分離したPC収納スペースはパットで保護されているので安心。デザイン、使い心地、PCの安全性をそろえた超おすすめモデルです。

さて、この記事では数あるノースフェイスのリュックから、ビジネスシーンにおすすめなモデルを厳選して紹介しました。

どれも特徴を吟味して選んだモデルばかりなので、うまくこの記事を利用してくださいね。

あなたのリュック選びに、少しでも役立てれば嬉しいです。

 

リュック系の関連記事