きゅうまがじん

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【夏の訪れ】暑くて集中できない、そんな日はアイスに限りますわ。

大学生活 高知 雑記

こんにちは、きゅーまです!

はて、7月に入り高知県はどんどん気温が上昇。こちらは高知大学内の風景です。高~いヤシの木も元気に葉をつけています。

f:id:kyuma-morita:20160708154538j:plain

道民の僕はこの暑さでだいぶへばっています。本当に酷ですよ。

 

こんな日はアイスを食べるしかありません。

 

クーラーがついているはずなのに何故か熱い教室。もはや売店のアイスが良く売れるように仕組んでいるとしか思えません。(嘘

暑さにへばってしまった僕は、授業が終わると身体が欲するがままに売店へ向かいます。そして、ついに見つけました。

f:id:kyuma-morita:20160708160359j:plain

アイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイアイスアイ

やっとアイスにたどり着きました。

購入してヤシの木の下でアイスを。。幸せ幸せ

f:id:kyuma-morita:20160708160840j:plain

 

ん?結局どのアイス買ったんだ?

みなさんすごく気になっていることでしょう。

f:id:kyuma-morita:20160708160359j:plain

答えは~!、と行きたいところですが、それはいったん保留。

みなさんは僕がどんな思いでアイスを選んだか知りたいはず。うん、めちゃくちゃ知りたいはず。

 ではではまずその過程から。

ちょっと前のこと。高知県では「輪抜けさま」というお祭り?がありました。 

こういうお祭り↓


高知県における夏越祓(なごしのはらえ)、あるいはそこで行われる茅の輪潜り呼称。輪抜けさまは、無病息災などを願って、神社設けられた巨大な輪をくぐるという行事で、夏の到来知らせ風物詩ともされている。高知県における輪抜けさまの行事は、全国的見ても特に盛大に行われることが知られており、多数屋台が立ち並んで夏祭り様相を呈する神社も多い。 weblioより引用

このように輪をくぐるので「輪抜け」といいます。

 たくさんの若者やカップルがわいわい楽しみます。

 そして美味しそうないちごアメ。

 僕も楽しみたい気持ちはやまやま。

しかし、アルバイトに行かなくてはなりません。お金を稼がないといけませんからね〜。大学生ならみんなそうでしょう。

でも、でもでも

 

僕も楽しみたいぞ。

せめていちご飴だけは食べたかった。だべたいですねーいちご。

 

さてさて、もう皆さんお気付きでしょう。

 

お祭りを楽しめなかった分、いちご飴を食べれなかった分、せめていちごアイスを、、

f:id:kyuma-morita:20160708230709j:plain

まずは売店へ行き、アイスコーナーを探す。

そして、僕が購入したのがこちら

f:id:kyuma-morita:20160708230816j:plain

 高知県伊野町産いちご入りのアイスクリーム。210円でした。

f:id:kyuma-morita:20160708231052j:plain

 いちご果肉が入ってる!!牛乳もたっぷりですね~

f:id:kyuma-morita:20160708231220j:plain

 

では、オープン!

f:id:kyuma-morita:20160708231525j:plain

f:id:kyuma-morita:20160708231545j:plain

 うぉーー!いちご!

見るからにまろやかなアイスといちごが美味しそう。

では、実食。

f:id:kyuma-morita:20160708231841j:plain

f:id:kyuma-morita:20160708231926j:plain

f:id:kyuma-morita:20160708232005j:plain

 至福このうえない。

たっぷり牛乳を使ってるだけあってとてもまろやかですね。いちご果肉はアイスになるとあまり味を感じませんでしたが、でも満足満足。

やっといちごを食べれたのですから。

本当に最高。

本当に最高。

本当に最高、、、

 

f:id:kyuma-morita:20160708232610j:plain

f:id:kyuma-morita:20160708232815j:plain どろっどろに溶けてしまった。

以上、夏の訪れリポートでした。

ヤシの木の下より。